1日1冊レビューし太郎

おススメの本ご紹介します。本の紹介を通して、自分の人生観や経験などをお話しします。日本の大学を卒業後、ALLEX Programに参加するために渡米。Missouri州のWashington大学、NY州のUnion大学、そしてHarvard大学で日本語教員として働きました。このブログでは、おススメの本の紹介を通して、自分の人生観や経験を語りたいです。あなたの悩みを解決させてください!いつでも相談に乗ります(^O^)

自分ツッコミくまと 日本のことを英語で話そう

僕がアメリカに留学していた時、自分の国(日本)のことについて上手に伝えられずに悔しい思いをしたことが何度もありました。そんな悔しい思いをしないためにも、この本は非常に有益だと思います。 外国の方々が関心のある文化、食べ物、マナー、言葉、慣習…

現役アナウンサーが教える飲ミュニケーションの極意 幹事力!

飲み会の幹事になったことがある方なら共感するかも。 「幹事ってめんどくさい~」と思わないで、意識を少し変えるだけで「コミュ力」UPの良い機会になるかも! コミュ力とはあんまり関係ないかもですが、 コミットメントとは、自分が発する「宣言」で、自分…

ユダヤ人大富豪の教えIII 人間関係を築く8つのレッスン

ユダヤ人大富豪の教えシリーズⅠ、Ⅱを読んだ方なら、絶対に楽しめる1冊となっております!冒頭からワクワクを駆り立ててくれます。 人間関係とは何か。 目次 ①お金と健康的に付き合う方法 ②その家族に生まれた意味を考える ③豊かさは獲得するものではなく、感…

人の心をつかむ15のルール

本書の表紙には「幸せな人生の99%は人間関係で決まる」と書かれています。残りの1%は何なのかな。笑 目次 ①すべての人にとって、この世で最も興味深いテーマは何か?それは「自分」である。 ②「イエス」と言いたくなるような理由を与える。 ③自分の存在価値…

イラストでよくわかる おとなの「言い回し」

みなさんは日本人ですから、もちろん敬語を100%正しく、適切に使えますよね。そうですよね、日本語ネイティブですもんね、そんなの ”It's a piece of cake”ですよね。 さて、僕は日本で23年生きてきて、全く敬語に関して自信がない状態で社会に飛び出しまし…

Momo (100分de名著)

Momo。以前から気になっていた児童文学作品です。 (Amazonではまだ販売されていませんでした) 目次 ①人に何かを話すということ ②遊べなくなった子どもたち ③「みずから」と「おのずから」の結節点 ①人に何かを話すということ 観光ガイドのジジという登場人…

はれのちくもり(岩田道夫 詩画集)

岩田道夫氏の詩画集です。 本書はAmazonで販売されておりませんでした。 さて、私は詩画集というジャンルを今回初めて読みました。詩画集とは、その名の通り「詩」と「絵画」が組み合わされた本です。そして本書では、ある「美しさ」が存分に味わえることを…

影の散歩(岩田道夫)

”光”と”影”。光があるから影がある。光は影。影は光。 影があるからボクらは光を知ることができる。 散歩すると至る所に影があると思います。普段の通勤や通学時には全然気にしないけど、実は影は存在していて、その存在は光があるからこそなんですよね。 僕…

水たまり(岩田道夫)

メルヘン絵本の世界へようこそ。 みなさんは”水たまり”について深く考えたことがあるでしょうか。子どもの時はあったかもしれないけど、大人になってからはまずないですよね。笑 水たまりなんて歩く時の邪魔な存在でしかないというのが本音ではないでしょう…

不思議の犬(岩田道夫)

絵本シリーズ第一弾。著者は岩田道夫氏、出版社は未知谷。ふくふくふく。 簡単に岩田道夫氏のご紹介です。 1956年網走市に生まれる。北海道大学理学部入学、卒業目前に中退。以後、創作に専念し絵画や詩、童話を制作する。童話は佐藤さとる氏に師事。同人誌…