1日1冊レビューし太郎

おススメの本ご紹介します。本の紹介を通して、自分の人生観や経験などをお話しします。日本の大学を卒業後、ALLEX Programに参加するために渡米。Missouri州のWashington大学、NY州のUnion大学、そしてHarvard大学で日本語教員として働きました。このブログでは、おススメの本の紹介を通して、自分の人生観や経験を語りたいです。あなたの悩みを解決させてください!いつでも相談に乗ります(^O^)

ALLEX Program?!?

今回の投稿ではALLEX Program(以下ALLEX)についてご紹介したいと思います。

 

僕がアメリカに来るきっかけとなったこのALLEXですが、みなさんご存知でしょうか。

(僕は大学の掲示板のポスターを見るまで知りませんでした)

 

f:id:j-destiny512:20190523085404p:plain

ãALLEX Programãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

このプログラム、一言でいうと

 

かなり魅力的なんです!

 

おすすめポイント

①人との出会い

②手厚いサポート

③費用

 

他にもたくさん魅力があるんですが、この3つが最大の魅力だと思っています。

 

①人との出会い

このALLEX Programを通して、本当に様々なバックグラウンドの方たちと出会うことができました。アメリカに来るまでは現地の人達との交流を深めたい(出来るだけ日本語を話す時間を減らして、英語を使う時間を増やしたいな)と考えていたんですが、一緒に日本から参加したALLEX生たちとの出会いは人生の宝物になりました。もちろん「英語を話せるようになりたい」「自分の得意な分野を生かして世界で活躍したい」など、アメリカに来る目的は色々あると思うんですが、人との出会いは国籍問わず、話す言語問わず、素晴らしいものだなと実感しました。きっと、日本でしか生活していなかったら感じられなかったことだと思います。

 

出会った皆さんとの思い出は冗談抜きで数え切れません。

同じ寮での共同生活、初めてのルームメイト、ボヤ騒動、毎日Intensive授業とプレッシャー高めなアクセントクイズ、イチロー、ラスベガス旅行、一ヵ月家なき子 in America、Reunionポートランドでの釣り修行、NY街ブラ散歩、フィリープチ旅行、人より牛が多いWatertown、などなど語りつくせません。笑

 

とにかくプログラムで出会った仲間たち、先生方、日本語の学生、寮でできた友達など、本当に貴重な出会いがありました。

 

②手厚いサポート

これはかなり大きいポイントです。僕自身留学が初めての経験だったので、不安なことばかりでした。アメリカの生活で必要なもの、VISA関連、進路の相談・支援など様々なサポートが充実しています。特にALLEX最強のコーディネーターAさんには本当にお世話になりました。事務的・心理的なサポートが整っているALLEX Programだからこそ、おススメしたい留学プログラムなんです。

 

③費用に関してはALLEX Programのサイトを見るのが手っ取り早いので、

興味のある方は見てみてください。

 https://www.allex.org/jp/programs/guidelines/

 

私費でアメリカの大学院に留学するとなれば、

州立か私立かによっても変わってきますが生活費や滞在費、授業料など含めて

1年間でUS$20,000~55,000は必要になってきます。

学費だけで1年間で$50,000以上するところもざらにあります。

 

ですがALLEX Programに参加すれば…。

興味のある方は上のリンクで確認してみてください。

 

 

久しぶりの投稿でした。書くのが疲れたのでこの辺にしておきます。笑

ではまた次回!