1日1冊レビューし太郎

おススメの本ご紹介します。本の紹介を通して、自分の人生観や経験などをお話しします。日本の大学を卒業後、ALLEX Programに参加するために渡米。Missouri州のWashington大学、NY州のUnion大学、そしてHarvard大学で日本語教員として働きました。このブログでは、おススメの本の紹介を通して、自分の人生観や経験を語りたいです。あなたの悩みを解決させてください!いつでも相談に乗ります(^O^)

なぜ、あの人の周りに人が集まるのか? 仕事もお金も人望も、すべてが手に入る「大切なこと」(後半)

昨日ご紹介したこちらの著書ですが、正直まだまだ共有したい言葉があったので、後半戦に突入です。

f:id:j-destiny512:20200703195838p:plain

jbookscafe.com

 

目次

 

①頼まれる前に「気づく」ことで、人の心に響く。

僕は「気遣いができる人」が大好きです。別に自分に対してだけでなく、誰にでも気が遣える人は素敵だなって感じます。僕自身もできるだけ「気遣いができる人」でありたいなと最近感じています。

 

大学時代は全然そんなこと思わなかったなあ。ある意味、自己中、自分さえよければOKな人間でした。今となってはあの時は相当自分勝手な生き方をしていた気がします。まあ、過去のことなんでどうでもいいんですけどね(笑)

 

今となっては、誰かのために何かをしてあげたい、お世話になっている人にはお土産を買ってあげたい、お金を使うなら誰かが喜んでくれる使い方をしたい、と本気で思えるようになりました。やはり、こう思うことで人生幸福度が変わってきます。これは実感していることなので確かなことです。

 

そして、理想的なのは「頼まれる前に気づいて、何か行動すること」これに尽きると思います。そうすることでより思いが伝わるのではないでしょうかね。

 

②マニュアルとは、「ここからなにができるか」という最低限の線である。

働く上で「マニュアル」は必要不可欠なのかもしれません。特に、大手チェーン店やコンビニなど、アルバイトの採用が欠かせない企業にとっては。ただ、マニュアルだけに沿っていても何だか”無機質”ですよね。味気ないというか、やっぱりお客様の心に響くものは少ないと思います。

 

マニュアルをこなしたうえで、「ここから何ができるか」を追求できることが成功するかしないかの違いなんじゃないかと思うんです。やっぱり、鉄棒の懸垂のように、グイッと腕を引き上げるイメージで、常に線(マニュアル)よりも上に顔が出るように努めることが大事なんだろうなあ。

 

③成功する人と、失敗する人の違いは、続けられるかどうかである。

本当にそう思います。僕自身そう強く感じています。僕は先月から「毎日1冊読書して、ブログに感想を書く」というのを一日も欠かさずに続けてきました。これは簡単そうで、意外と大変でした。

 

ただ一線を越えると、習慣になっているんですよね。そうなったらこっちのもんです。逆にやらないと落ち着かなくなる(笑)

 

そうして継続できているという事実が自己肯定感にもつながるし、自分の知識や知恵につながっていく。これは自らの経験によって得られた見地です。みなさんも興味があれば始めてみてください。結構いいですよ~。

 

いかがでしたか?今日は急遽後半編を書きましたが、今日も1冊読み終えています。明日はこちらになります。

f:id:j-destiny512:20200704214526p:plain