1日1冊レビューし太郎

おススメの本ご紹介します。本の紹介を通して、自分の人生観や経験などをお話しします。日本の大学を卒業後、ALLEX Programに参加するために渡米。Missouri州のWashington大学、NY州のUnion大学、そしてHarvard大学で日本語教員として働きました。このブログでは、おススメの本の紹介を通して、自分の人生観や経験を語りたいです。あなたの悩みを解決させてください!いつでも相談に乗ります(^O^)

漫画 バビロン大富豪の教え 「お金」と「幸せ」を生み出す五つの黄金法則

今日はこちらの漫画をご紹介します。漫画といっても伝説的名著がビジネス書として仕上げられたものです。

f:id:j-destiny512:20200704214526p:plain

大富豪だけが知っている「黄金に愛される七つ道具」

  1. 収入の十分の一を貯金せよ。
  2. 欲望に優先順位をつけよ。
  3. 貯えた金に働かせよ。
  4. 危険や天敵から金を堅守せよ。
  5. より良きところに住め。
  6. 今日から未来の生活に備えよ。
  7. 自分こそを最大の資本にせよ。

みなさんは「お金持ち」と聞いて、どのような人物をイメージするでしょうか?豪邸に暮らし、高級車を乗り回している。海外旅行に頻繁に出かけ、クルーズに乗ったりビーチでくつろいだりしている。そんな姿を想像するかもしれません。

 

ですが、実際のところイメージとは異なる研究結果が出ているんです。『The Milionaire Mind』(トマス・J・スタンリー)によると、アメリカの総資産100万ドル(日本円で1億1000万円)以上の富裕層に大規模調査をかけた結果、実際のお金持ちは高級車の保有率はとても少なく、中古物件に住み、家族との時間を大切にする、という結果が得られたそうです。

 

驚きですよね。。ただ、マイクロソフトビル・ゲイツは飛行機はエコノミーで移動し、Facebookマーク・ザッカーバーグは会社までホンダのコンパクトカーで通っているそうです。

 

ここから、お金持ちはお金の使い方が合理的であることがわかりますね。上記の「七つ道具」の2番とも関係しますが、自分の欲望に優先順位をつけて、「本当にそれが生活に必要なのか」と自分に問うことが重要かもしれません。

 

目次

 

①地球上でもっともお客様を大切にする企業

これはAmazonの企業理念です。本書を読むまでは知りませんでしたが、GoogleAmazonなどの企業理念を知っておくと、ビジネスをする上で大切なことが掴めるんじゃないかと思います。ただ真似するだけでは成功しないと思いますが、成功している例からどんどん盗めるものは盗んだ方がいいでしょう。

 

②超優秀な人間にとっては最高の時代だ。しかし平凡な人間にとっては最悪である。

この言葉は現代に対して、『the four GAFA 四騎士は創り変えた世界』(東洋経済新聞社)に書かれていたものです。実際、こうしている今も世界の人々の貧富の格差は拡大する方向に動いていて、NGOオックスファムによれば、世界で最も裕福な8人が保有する資産は、世界の人口のうち経済的に恵まれない下から約36億人が保有する資産とほぼ同じだったという報告が2017年にありました。

 

では、この運命から逃れられないのでしょうか。いいえ、どうやらそれは違うようです。詳しくは本書をご覧になってください。

 

③金貨を得ても、それを生み出せないのなら一文無しと同じだ。

本当に大事なのは”お金”ではなくて、それを生み出せる「知恵」ということですね。その知恵を身につけるために勉強しなくてはいけません。その勉強は自分自身でするほかありません。

 

たいてい人間は「人間関係」もしくは「お金」が原因で不幸せになります。これは変えようのない事実です。普遍的なものといっても過言ではないでしょう。

 

僕たちには、その不変的な事実を受け止め、賢く生きていく道を模索することが求められていると、そう感じるんです。その”模索の一歩”は本書を読み始めることかもしれません。

 

いかがでしたか。本書は漫画を通して、「お金や人生の教訓」を教えてくれるビジネス書となっております。ぜひご一読ください。