1日1冊レビューし太郎

おススメの本ご紹介します。本の紹介を通して、自分の人生観や経験などをお話しします。日本の大学を卒業後、ALLEX Programに参加するために渡米。Missouri州のWashington大学、NY州のUnion大学、そしてHarvard大学で日本語教員として働きました。このブログでは、おススメの本の紹介を通して、自分の人生観や経験を語りたいです。あなたの悩みを解決させてください!いつでも相談に乗ります(^O^)

超筋トレが最強のソリューションである 筋肉が人生を変える超科学的な理由

なんともダンディな表紙ですよね。笑

f:id:j-destiny512:20200718220647p:plain


みなさんは定期的にジムに通ったり、運動したりしていますか?僕は気が向いたときにするくらいで、ジムでワークアウトするのが正直苦手です。

 

実は大学時代3年間コナミスポーツクラブでジムのトレーナーをしていたんですが、「あ、この仕事何だか合わないな」と感じていました。ジムで働いている人には共感してもらえると思いますが、運動していない人からしたら、ジムって結構汗臭いんです。笑 

 

運動していたら自分も汗臭いので、周りの匂いなんて全然気にならないんですけどね~。

 

さて、今回ご紹介する本ですが、かなり甘く見ていました。きっと表紙のせいです。笑 本の内容はかなり濃いです。今まさに自分にとっても、社会にとってもタイムリーな話題かもしれません。

 

筋トレによって、人生が変わる。信じるかどうかはあなた次第です。

 

目次

 

①手首の代わりに筋繊維をカットしろ。

実は本書ですが、「筋トレが好きな人」に向けた本ではないんです。

 

「人生に疲れた人」「人生に希望が持てない人」「死んでしまいたいと思っている人」に向けた”熱い”本なんです。本当に感動しました。多分、表紙変えた方がいいです。笑 

 

日本には年間50万人自殺未遂、2万人が自ら命を絶っている現実があります。筆者は言います。

手首切るくらいなら筋トレして筋繊維切れ!

と。手首の傷の代わりに筋肉が増えるし、筋肉痛で生きてる実感が得られるし、リストカットが病みつきになってしまう原因の一つであるセロトニン分泌も筋トレで促進できます。リストカットはやめて、マッスルカットをしましょう!

 

②筋トレによってメンタルヘルスは向上する

筋トレはメンタルヘルスに悪影響を与える可能性が高い「焦燥感」「不安感」「慢性疼痛」「認知機能」「睡眠の質の低下」「自尊心の低下」などにポジティブに働くという研究結果があります。筋トレすることにより、テストステロンやセロトニンといったホルモンが分泌されることがわかっていますが、それらが大きな影響を与えていることがわかってきています。それぞれのホルモンについて簡単にまとめておきますね。

 

テストステロン

セロトニン(幸せホルモン)

  • 心を落ち着かせる、安定させる
  • 脳を最適な覚醒状態にする
  • 痛みの調整をする など

ドーパミン・βエンドルフィン・ノルアドレナリン

  • 多幸感や気分の高揚、興奮など

 

ただ、筋トレをする気力がないから困っているんだよ!というそこのあなた。

 

なんでもいいんです。まずは動き出してみましょう。ウォーキングでもいい。スクワット5回でもいい。運動の習慣をつけることができたら「人生勝ちゲー」です。(僕も頑張ります。。)

 

③「自分を好きになれる」というのは筋トレの一番大きな効果

「自分を好きになる」って意外と難しいことなんじゃないかと思うわけです。世界中の人々にアンケートをとったら、何パーセントの人が「自分が好きです」と答えられるのでしょうか。推測ではありますが、日本人の多くの人は「あんまり好きじゃない」って答える気がするんだよなあ。

 

筆者は筋トレすることで「自分のことが好きになれる」と自信満々に主張しています。ぜひ読んであげてください。(どうしてこんな言い方かというのは、本書を読めばどうしてかわかると思います。)

 

いかがでしたか。僕は筋トレが正直苦手ですが、ちょっと始めてみようかなと思い、筋トレマスターの友だちに「おすすめのプロテイン教えて~」ってLINEしました。笑