1日1冊レビューし太郎

おススメの本ご紹介します。本の紹介を通して、自分の人生観や経験などをお話しします。日本の大学を卒業後、ALLEX Programに参加するために渡米。Missouri州のWashington大学、NY州のUnion大学、そしてHarvard大学で日本語教員として働きました。このブログでは、おススメの本の紹介を通して、自分の人生観や経験を語りたいです。あなたの悩みを解決させてください!いつでも相談に乗ります(^O^)

水たまり(岩田道夫)

メルヘン絵本の世界へようこそ。

みなさんは”水たまり”について深く考えたことがあるでしょうか。子どもの時はあったかもしれないけど、大人になってからはまずないですよね。笑 

 

水たまりなんて歩く時の邪魔な存在でしかないというのが本音ではないでしょうか。でも、子どもたちにとってはまた違った存在なのかもしれません。

 

歩いている時、目の前に水たまりがあったら、何かしらのアクションを起こす可能性が高いのでは。(そんなこともないか笑)

 

とにもかくにも、本書では”水たまり”について考えさせられるので、子ども時代のあの感情を思い出したい方にうってつけの一冊となっております。

 

岩田氏の絵のタッチは優しく、あたたかいので僕は個人的に大好きです。ぜひご一読ください。