1日1冊レビューし太郎

おススメの本ご紹介します。本の紹介を通して、自分の人生観や経験などをお話しします。日本の大学を卒業後、ALLEX Programに参加するために渡米。Missouri州のWashington大学、NY州のUnion大学、そしてHarvard大学で日本語教員として働きました。このブログでは、おススメの本の紹介を通して、自分の人生観や経験を語りたいです。あなたの悩みを解決させてください!いつでも相談に乗ります(^O^)

影の散歩(岩田道夫)

”光”と”影”。光があるから影がある。光は影。影は光。

影があるからボクらは光を知ることができる。

散歩すると至る所に影があると思います。普段の通勤や通学時には全然気にしないけど、実は影は存在していて、その存在は光があるからこそなんですよね。

 

僕らはいつから”光”と”影”を気にせずに生きるようになったのか。これらの存在に感謝することって実は大切なことなんじゃないかと思うわけです。光だけに感謝するんじゃなくて、影にも「ありがとう」と思うことでいつもの日常が少し明るくなるんじゃないでしょうか。