1日1冊レビューし太郎

おススメの本ご紹介します。本の紹介を通して、自分の人生観や経験などをお話しします。日本の大学を卒業後、ALLEX Programに参加するために渡米。Missouri州のWashington大学、NY州のUnion大学、そしてHarvard大学で日本語教員として働きました。このブログでは、おススメの本の紹介を通して、自分の人生観や経験を語りたいです。あなたの悩みを解決させてください!いつでも相談に乗ります(^O^)

世界を操るグローバリズムの洗脳を解く

日本人が知るべき「世界史の真実」が綴られています。

[馬渕睦夫]の世界を操るグローバリズムの洗脳を解く

本書は僕が大学を卒業して渡米する際、アルバイト先の代表からいただいた本です。「世界を見る前に読んでおいた方がいいよ」と世界史を勉強し直すこと、世界史の真実を知ることの重要性を教えてくれました。

 

当時、読んでみて衝撃的だったことを覚えていますが、今回読み直してみて新たな発見がありました。それは、「本の内容に驚かないこと」です。なんだそりゃって感じでしょうが、それが率直な感想です。

 

当時衝撃的だったことが今では自分にとって至って普通の事実にすぎなかったんです。ただ、みなさんにとっても事実とは限りません。本のタイトルにもある通り、”洗脳を解く”という言葉がポイントです。

 

もし何らかの情報機関(学校教育なども含む)に洗脳っぽいことをされているとしたら、読んでおいて損はないと思います。「教科書の『世界史』はウソだらけ」「アメリカ建国の真実」「グローバル化の真実」など、これまで学校では教わってこなかった事実が書いてあります。ぜひご一読ください。