1日1冊レビューし太郎

おススメの本ご紹介します。本の紹介を通して、自分の人生観や経験などをお話しします。日本の大学を卒業後、ALLEX Programに参加するために渡米。Missouri州のWashington大学、NY州のUnion大学、そしてHarvard大学で日本語教員として働きました。このブログでは、おススメの本の紹介を通して、自分の人生観や経験を語りたいです。あなたの悩みを解決させてください!いつでも相談に乗ります(^O^)

超訳ニーチェの言葉(知について)

残り2回となりました。ニーチェの教え。

f:id:j-destiny512:20200712181901p:plain

超訳ニーチェの言葉 | フリ-ドリヒ・ヴィルヘルム・ニ-チェ, 白取春彦, 白取 春彦 | 哲学・思想 | Kindleストア | Amazon

 

前回の投稿

jbookscafe.com

 

目次

 

①力を入れすぎない

全力ではなくて、自分の力の4分の3ほどの力で、作品なり仕事なりを完成させるくらいのほうがちょうどいいものができあがる、と彼は言います。

 

全力で仕上げたものには、重苦しい印象があったり、緊張を強いるものだったりすることがあるからだそうです。その作品からは一種の不快感と濁った興奮を与えかねないとさえ。

 

一方で、4分の3程度で仕上げたものは、おおらかな余裕を感じさせ、ゆったりとした作品になる。一種の安心感と健やかさ、快適さを与えるというのです。

 

よっては、多くの人に受け入れられやすい作品になるといいます。

 

②独創的になるためには

独創的な人ってどんな人でしょう。

 

全く新しい突飛なものを見つけられる特殊な嗅覚を持つ人でしょうか。それとも誰でも知っているようなものや安易に見過ごしてきたものをまるで新しいものであるかのように見直す眼を持つ人でしょうか。

 

様々な意見があっていいと思います。みんな違って、みんないい。

 

③よく考えるために

きちんと考える人になるためには次の3条件が必要だとニーチェは言います。

 

  1. 人付き合いをすること
  2. 書物を読むこと
  3. 情熱を持つこと

 

これらのどの一つでも欠いたら、まともに考えることなどできないとのこと。理由は書かれていませんでした。共に考えましょう。

 

次回のニーチェは最終回で、テーマは「美」です。お楽しみに。

f:id:j-destiny512:20200712181901p:plain

超訳ニーチェの言葉 | フリ-ドリヒ・ヴィルヘルム・ニ-チェ, 白取春彦, 白取 春彦 | 哲学・思想 | Kindleストア | Amazon