1日1冊レビューし太郎

おススメの本ご紹介します。本の紹介を通して、自分の人生観や経験などをお話しします。日本の大学を卒業後、ALLEX Programに参加するために渡米。Missouri州のWashington大学、NY州のUnion大学、そしてHarvard大学で日本語教員として働きました。このブログでは、おススメの本の紹介を通して、自分の人生観や経験を語りたいです。あなたの悩みを解決させてください!いつでも相談に乗ります(^O^)

賢い大人の言い回し 啖呵の呼吸に学ぶ切り返し術

啖呵の神髄とは。

[宮越 秀雄]の賢い大人の言い回し 啖呵の呼吸に学ぶ切り返し術

啖呵の神髄は、

 

短い決めセリフで相手の反論を抑え、暴力を使わずに気勢を削ぐもの

 

とあります。具体的にどんなものがあるのでしょうか。

 

専門家や社会的地位のある人を黙らせる啖呵

・肩書をかさに着て何を威張ってやがんだよ、男なら肩書を外してやってみろよ。

 

 

相手の論理が正しくても口を出すなと封じる啖呵

・それをいっちゃあおしめえよ。

・お前はそれでいいかもしれねえが言われた方はどうなるんだ。

 


一見、倫理的な正論めいた言い方で黙らせる啖呵

・男のケンカってえ物は大切なものを護るためにやるんだよ、てめえの憂さ晴らしにやるもんじゃねえ。

・言ったことに責任が持てるんだな、吐いた唾は呑み込めんぞ。

 

 

ここでは少し極端な例をご紹介しましたが、本書にはビジネスシーンで使える丁寧な啖呵的表現も収録されています。結構勉強になりますよ。

 

現代の日常生活やビジネスシーンでも応用できるので、ぜひご一読ください。